旅のまとめ:素晴らしかった場所10

その10は北海道編です。
走りやすくて気持ち良い場所が多いので、
ここに挙げたもの以外にも素晴らしい道が多数存在します。

--

北海道全域
海岸沿いの非常に緩やかな左カーブの道(時計回りに走る場合)

北海道の海岸線は、内陸側に湾曲している道が多くなっています。
そこを走ると、はるか遠方に自分が進むべき先が見えたりする訳です。
つまり、
「あんな遠くまで走るの?…うえぇぇ…嫌だよお…」
という気分になれるのですよ。
これから北海道を走る方、がんばってください(ニヤニヤ)。
grandview_22_1.jpg
grandview_22_2.jpg

--

北海道天塩町から稚内市まで
北海道道106号(オロロンライン?)

天塩川を越えると、ガードレールすら無い、ただひたすらに長い直線の道に出ます。
人気(ひとけ)はゼロ。
北海道に来た!という気分になるので、自分的に超オススメルートです。
grandview_23_1.jpg
grandview_23_2.jpg
grandview_23_3.jpg
grandview_23_4.jpg
grandview_23_5.jpg

--

北海道天塩郡豊富町
北海道道444号 サロベツ原野

「何も無い」と云う表現が相応しい湿原です。
湿原の真ん中に立つと、
孤独感だったり畏怖の念だったり、そんな感情が込み上げてきました。
grandview_24_1.jpg
grandview_24_2.jpg
grandview_24_3.jpg
grandview_24_4.jpg
grandview_24_5.jpg




--

すれ違い際にライダーの方とハンドサインで交流できるのも北海道だけかもしれません。
良いものですね。
スポンサーサイト

テーマ : 一人旅 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)