雪からの脱出

今朝は晴れてくれました。
この時点でようやく窓から岩木山が見えることに気づきました。
2日間、目の前に雪と雲のカーテンがかかっていたのですね。
IMG_7454_2.jpg

念入りに自転車の整備をして、十分暖かくなった10時半に旅館を出発。
国道に出ると、車道の雪は完全になくなっていました。
除雪作業と日の光のおかげでしょう。
一方私が走る路側帯はまだ完全には雪が溶けていませんでした。
完全に雪に覆われているところ、シャーベット状の氷が残っているところ、
雪解け水が小さな川となっているところ、など。
多くの場所が自転車で走るにはまだ危ない状態となっていました。
手押しする程ではないにしろ、いつもの半分の速度で走ることにしました。
IMG_7468_2.jpg
IMG_7474_2.jpg

車を運転する方から見れば、
今日のような日に自転車の脇を通るのはさぞ嫌だったでしょうね。
申し訳ありません…。

国道7号を走っている時に、自転車旅行者の方とすれ違いました。
本州に帰ってきてから初めて出会うチャリダーさんでした。
まだ私は一人ぼっちではないんだなあ、と嬉しくなりました。
しかし、数分後気づいたのは
彼が進む先は日本海側、これから雪深くなる可能性がある場所だと云うことでした。
昨日までの自分の状況を思い返すと、この先の行程は更に大変になるだろうと思います。
どうぞお気をつけて。

13時に青森駅に到着しました。
IMG_7476_2.jpg
IMG_7478_2.jpg

早速観光案内所を訪れ、東側の路面状態について聞いてみました。
すると、野辺地に繋がる国道4号の状況は
先ほど通ってきた国道7号と変わらないだろうとのこと。
ここまでの平均速度が時速12km。
野辺地までは40km強の距離。
午前中と同じペースで走れたとしても野辺地まで3時間半、
余裕を持って見積もれば4時間以上はかかるでしょう。
日没前に到着するのは難しいと判断して、今日はここに留まることにしました。
明日以降再び悪天候となって動けない日が続くかもしれません。

午後は観光に充てることにしました。
ねぶたの家ワ・ラッセ。
ねぶたの大きさと彩りに驚きました。
IMG_7490_2.jpg
IMG_7491_2.jpg

青函連絡船八甲田丸。
IMG_7503_2.jpg

夜はラーメンをいただきました。
IMG_7523_2.jpg

--

今日中に野辺地、明日には八戸に行ければ嬉しかったのですが、
進行速度が予定よりも数段遅くなってしまいました。
しかしながら、慌てて怪我をするより遥かにマシというもの。
太平洋側に抜けるまでは、慎重に進みます。

ぐるっと182日目


EveryTrail - Find the best hikes in California and beyond
スポンサーサイト

テーマ : 一人旅 - ジャンル : 旅行

コメント

No title

安全圏の八戸まで進めてから汽車等交通機関利用で半島ってのはダメ?

天啓

> ORAN 様
………!
審議中審議中。しばらくお待ちください。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)